さらに、最小返済額である4,000円ずつの返済では、返済期間が32カ月で、利息が「25,864円」となってしまいます。

このように、返済期間を長くすればするほど、プロミスに支払う利息も大きくなりますので、10万円のキャッシングの場合は、最長でも2年以内に完済するペースが良いものと思われます。

しかし、どのような返済プランでも、無理のない利息でキャッシングができることが分かり、生活のあらゆるシーンで利用できそうな気がしてきます。

まとめて10万円の支払いは大きな出費となりますが、分割するメリットが大きいことが分かりますね。

カードローン一本化のメリットとデメリット